• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
チェロを語る(音楽書)の画像

品切れ
商品名:
チェロを語る(音楽書)
(1252/演奏の哲学 技法・歴史)
出版社:
シンフォニア
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
4,320円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
272
編著者:
訳:三木敬之
著者名:
ウィリアム・プリース
ISBNコード:
9784883951253
(4-88395-125-1)
初版日:
1994年1月1日
収載内容
 
序文 ユーディ・メニューイン
 
日本のみなさんへ ウィリアム・プリース
 
プリース先生へ ジャクリーヌ・デュ・プレ
 
編集者の言葉 ノーナ・パイロン
 
著者のまえがき
 
第1部 チェロ演奏の哲学
 
第1章 テクニック
 
第2章 完璧な練習
 
第3章 練習曲に対する正しい取り組み方
 
第4章 左手の生き生きとした動き
 
第5章 左手と右手の結びつき
 
第6章 弓の技巧
 
第7章 限られた癖にたよる技術の限界
 
第8章 ボーイングと音楽の形成
 
第9章 音楽の構造
 
第10章 構造の中味
 
第11章 想像と理解は途切れることなく続く
 
第12章 アンサンブルの演奏
 
第13章 ピアノと演奏する
 
第14章 17、18世紀音楽の演奏観
 
第2部 チェロ奏法の基礎
 
第1章 チェロのかまえ方
 
第2章 弓の使い方
 
第3章 左手の形
 
第3部 先生と両親
 
第1章 教育に対する態度
 
第2章 初めから自然さをみがく
 
第3章 技術の基礎を教える
 
第4章 初期の練習
 
第5章 能力の評価と指導
 
第6章 両親への注意
 
第4部 チェロの歴史とレパートリー
 
第1章 チェロの歴史入門
 
第2章 チェロのレパートリー
 
第3章 あまり知られていない作品のリスト