• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
PRO TOOLS 101 OFFICIAL COURSEWARE Third Edition 日本語版(CD-ROM付)の画像

商品名:
PRO TOOLS 101 OFFICIAL COURSEWARE Third Edition 日本語版(CD-ROM付)
(1516)
出版社:
リットーミュージック
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
3,240円(税込)
サイズ:
B5変
ページ数:
350
ISBNコード:
9784845615162
初版日:
2008年2月29日
収載内容
 
■ようこそPro Tools 101へ
 
◎本書について
 
 第3版
 
 付属のCD-ROMについて
 
◎このコースに必要な知識
 
◎コースの構成と順序
 
 第1部:基本
 
 第2部:セッション
 
 第3部:実習プロジェクト
 
 第4部:コースの修了
 
◎凡例
 
 メニューとキーボード・コマンド
 
 アイコン
 
◎Pro Toolsについて
 
 制作
 
 レコーディング
 
 編集
 
 ミキシング
 
 マスタリング
 
◎Digidesignトレーニング&エデュケーション・プログラムxxii
 
 認定のレベル
 
 トレーニング・プログラムの各コース
 
 第三版の構成
 
◎もっと詳しく知りたい
 
≪Part I:基本≫
 
■第1章 Pro Toolsとは
 
◎目標
 
◎Pro Toolsとは
 
 オーディオ
 
 MIDI
 
 ミキシング
 
 ポストプロダクション
 
◎Digidesignの発展
 
 Digidrumsの初期
 
 Digidesignへの発展
 
 デジタル・オーディオの先駆け
 
 Pro Toolsの誕生
 
 Pro Toolsの進化
 
 ICON(Integrated Console Environment)
 
 VENUEライブ・サウンド・システム
 
◎デジタル・オーディオ理論
 
 音の基本要素:波形、周波数、振幅
 
 アナログ・オーディオの録音と再生
 
 アナログからデジタルへの変換
 
 デジタル・フォーマットでのレコーディング
 
◎Pro Tools Toolsシステムの設定
 
 Pro Tools M-Powered
 
 Pro Tools LE
 
 Pro Tools|HD
 
◎Music Production Toolkit
 
 付属プラグイン
 
 マルチトラックのBeat Detective
 
 オーディオ・トラックの追加
 
 Pro Tools MP3オプション
 
◎DV Toolkit 2
 
 ポストプロダクション用プラグイン
 
 DigiBase Pro
 
 DigiTranslator
 
 Pro Toolsの機能拡張
 
 オーディオ・トラックの追加
 
 Pro Tools MP3オプション
 
◎オペレーティング・システムの違いについて
 
 キーボード・コマンド
 
 ファイル命名の規則
 
■第2章 Pro Tools入門
 
◎目標
 
◎はじめに
 
◎Pro Toolsのファイル構成
 
 ファイルの構成
 
 ファイルの種類
 
◎Pro Toolsを起動する
 
 ハードウェアに電源を入れる
 
 PACE iLokシステムを使用する
 
 Pro Toolsを起動する
 
 ホストベースのPro Toolsの処理能力を最適化する
 
◎Pro Toolsのソフトウェア画面
 
 メニューの構成
 
◎Pro Toolsのメイン・ウィンドウ
 
 ヘルプと「ツールの使い方」
 
◎編集ツールの機能
 
 ズーマー・ツール
 
 トリム・ツール
 
 セレクタ・ツール
 
 グラバー・ツール
 
 スクラバー・ツール
 
 ペンシル・ツール
 
 スマート・ツール
 
◎編集モードの特長
 
 シャッフル・モード
 
 スリップ・モード
 
 スポットモード
 
 グリッド・モード
 
◎タイムスケールとルーラー・ビュー
 
 メイン・タイムスケール
 
 サブ・タイムスケール
 
 ルーラー・ビューの表示オプション
 
◎トランスポート・ウィンドウのMIDIコントロール
 
 ノート待ち
 
 メトロノーム・クリック
 
 カウントオフ
 
 MIDIマージ・モード
 
 テンポ・ルーラー・オン
 
 テンポ分解能セレクタ
 
 拍子表示
 
 テンポ・フィールド
 
≪Part II:セッション≫
 
■第3章 はじめてのセッション
 
◎目標
 
◎はじめに
 
 セッションの設定
 
 セッションのパラメータを設定する
 
 セッションを作成する
 
 トラックを追加する
 
 トラックに名前をつける
 
 トラックを削除する
 
 セッションにオーディオを追加する
 
◎プレイバック・カーソルとエディット・カーソル
 
 プレイバック・カーソル
 
 エディット・カーソル
 
 再生位置を設定する
 
 スクロール・オプション
 
 プレイバック・カーソルを探す
 
◎セッションを保存する、探す、開く
 
 セッションを保存する
 
 セッションを探して開く
 
■第4章 はじめてのオーディオ・レコーディング
 
◎目標
 
◎はじめに
 
◎レコーディングを始める前に
 
 オーディオの記憶容量
 
 [ディスク容量]ウィンドウ
 
◎レコーディングの準備
 
 ハードウェアの接続を確認する
 
 トラックをレコーディング可能にする
 
 インプット・パス、レベル、パンを設定する
 
 クリック・トラックを作成する(任意)
 
◎オーディオのレコーディングと管理
 
◎レコーディング後の整理
 
 再生モードに戻す
 
 オーディオ・ファイルとオーディオ・リージョンの整理
 
 オーディオ・リージョンの削除とオーディオ・ファイルの消去
 
■第5章 メディアのインポート
 
◎目標
 
◎はじめに
 
◎インポートする前の確認事項
 
 ビット・デプス、サンプルレート、ファイル・フォーマット
 
 ステレオ・ファイルの構成
 
◎オーディオをインポートする
 
 [オーディオをインポート]ダイアログ
 
 リージョン・リストへオーディオをインポートする
 
 トラックへオーディオをインポートする
 
 DigiBaseブラウザを使ってオーディオをインポートする
 
 複数のオーディオをインポートする
 
 オーディオCDからオーディオをインポートする
 
◎QuickTimeムービーをインポートする
 
■第6章 はじめてのMIDIレコーディング
 
◎目標
 
◎はじめに
 
◎MIDIの基本
 
◎Pro ToolsのMIDI
 
 MIDI対応トラックを作成する
 
 サンプル・ベースの操作とティック・ベースの操作の違い
 
 MIDIを扱うときのタイムスケールとルーラー
 
◎MIDIレコーディングの準備
 
 MIDIディバイスを接続する
 
 入力用MIDIディバイスを選択する
 
 MIDIのインプットとアウトプットを確認する
 
 MIDI対応トラックをレコーディング可能にする
 
 レコーディング・オプションを設定する
 
◎バーチャル・インストゥルメントを使う
 
 バーチャル・インストゥルメントをインストゥルメント・トラックに配置する
 
 Xpand!プラグインを使用する
 
◎デフォルトの拍子とテンポを設定する
 
 デフォルトの拍子を設定する
 
 デフォルトのテンポを設定する
 
◎MIDIレコーディング
 
◎MIDI対応トラックのMIDIデータを表示する
 
■第7章 選択とナビゲーション
 
◎目標
 
◎はじめに
 
◎選択の種類
 
 タイムライン位置
 
 編集位置
 
◎選択範囲を扱う
 
 タイムライン位置と編集位置を別々に選択する
 
 複数のトラックの範囲を選択する
 
 選択する範囲の始めと終わりをトラックの再生中に設定する
 
 タブ・キーを使用する
 
 トランジェントへタブで移動する
 
◎セッションの表示方法を変更する
 
 トラックの高さを変更する
 
 トラックの順序を変更する
 
 ズーマー・ツール
 
 水平方向と垂直方向のズーム・ボタン
 
 ズーム・プリセット
 
◎セッションにマーカーを追加する
 
 メモリー・ロケーションについて
 
 マーカーを作成する
 
 メモリー・ロケーション・ウインドウ
 
 マーカー位置を呼び出す
 
 メモリー・ロケーションに自動的に名前をつける
 
 メモリー・ロケーションを削除する
 
 マーカーを使って範囲を選択する
 
■第8章 編集の基本テクニック
 
◎目標
 
◎はじめに
 
◎プレイバック・オプションを選択する
 
 スクロール
 
 ループ・プレイバック
 
 編集モードを使う
 
◎リージョンを編集する
 
 一般的な編集コマンド
 
 Pro Tools特有の編集コマンド
 
◎リージョンの移動とトリム
 
 グラバー・ツールを使う
 
 トリム機能を使う
 
 ナッジ機能を使う
 
◎フェードを作成する
 
 フェードインとフェードアウト
 
 クロスフェード
 
 フェードの設定
 
◎操作を取り消す
 
 段階的に取り消す
 
 前回保存した状態に戻す
 
■第9章 ミキシングの基本テクニック
 
◎目標
 
◎はじめに
 
◎ミキサーの基本用語
 
 インプット
 
 アウトプット
 
 インサート
 
 センド&リターン
 
◎Pro Toolsのミックス・ウィンドウ
 
 ミックス・ウィンドウの構成
 
◎オートメーションの基本
 
 オートメーションの記録
 
 オートメーションの表示と編集
 
 オートメーションの再生
 
 オートメーションをオフにする
 
◎リアルタイム・プラグイン
 
 リアルタイム・プラグインの機能
 
 リアルタイム・プラグインのフォーマット
 
 Pro Toolsに付属しているプラグイン
 
■第10章 最後の仕上げ
 
◎目標
 
◎はじめに
 
◎セッションのバックアップ
 
 セッションのコピーを保存する
 
 システム間でセッションを共用する
 
◎ステレオ・ミックスダウン
 
 オーディオをバウンシングするときの検討事項
 
 トラックへバウンスする
 
 ディスクへバウンスする
 
◎曲をCDに焼き付ける
 
 Windows Media Playerを使ってCDを作成する
 
 Mac OS XでCDを作成する
 
≪Part III:実習プロジェクト≫
 
■実習プロジェクトの説明
 
◎プロジェクトの内容
 
 プロジェクトを完成させる
 
 クレジット
 
◎Pro Toolsの設定方法
 
◎セッション・ファイルをインストールする
 
 セッションのシステム必要条件
 
 セッション・ファイルのインストール方法
 
◎プラグインをインストールする
 
 プラグインのシステム必要条件
 
■プロジェクト1 音楽制作の実習プロジェクト
 
◎電源を入れる
 
◎プロジェクトを開く
 
 ワークスペース・ブラウザを使ってセッションを探す
 
 セッションの各ウィンドウの配置
 
 初期設定
 
 入力機器とモニター機器を接続する
 
◎新規トラックを作成する
 
 トラックを作成して名前をつける
 
 セッションを保存する
 
◎MIDIのレコーディング
 
 バーチャル・インストゥルメントを追加する
 
 ルーティングを確認する
 
 クリック・トラックを作成する
 
 レコーディングする
 
 MIDIリージョンをドラッグする
 
 作業を保存する
 
◎オーディオのレコーディング
 
 ディスク容量を確認する
 
 信号をルーティングする
 
 オーディオ・トラックをレコード・モードにする
 
 録音レベルを設定する
 
 トラックへレコーディングする
 
 オーディオ・ファイルとオーディオ・リージョンの名前の変更
 
 作業を保存する
 
◎メディアをインポートする
 
 リージョン・リストへREXファイルをインポートする
 
 リージョン・グループをトラックへインポートする
 
 作業を保存する
 
◎Pro Toolsでの編集
 
 ギター・エフェクトを加える
 
 REXループを加える
 
 リージョンをループさせる
 
 MIDI演奏の編集
 
 セクションの一部を削除する
 
 作業を保存する
 
◎Pro Toolsでのミキシング
 
 EQを加える
 
 ディレイを加える
 
 ギター・エフェクトを増強する
 
 ミキシング
 
 作業を保存する
 
◎最後の仕上げ
 
 ディザーを加える
 
 曲をバウンスする
 
 バックアップを保存する
 
■プロジェクト2 ポストプロダクションの実習プロジェクト
 
◎電源を入れる
 
◎プロジェクトを開く
 
 ワークスペース・ブラウザを使ってセッションを探す
 
 セッションの各ウィンドウの配置
 
 初期設定
 
 入力機器とモニター機器を接続する
 
◎新規トラックを作成する
 
 トラックを作成して名前をつける
 
 セッションを保存する
 
◎オーディオのレコーディング
 
 ディスク容量を確認する
 
 信号をルーティングする
 
 オーディオ・トラックをレコード・モードにする
 
 録音レベルを設定する
 
 トラックへレコーディングする
 
 オーディオ・ファイルとオーディオ・リージョンの名前の変更
 
 作業を保存する
 
◎メディアをインポートする
 
 ムービーをインポートする
 
 リージョン・リストへファイルをインポートする
 
 ワークスペース・ブラウザからファイルをインポートする
 
 作業を保存する
 
◎Pro Toolsでの編集
 
 ムービーを見る
 
 効果音を加える
 
 ポップ音を削除する
 
 音楽を変更する
 
 作業を保存する
 
◎Pro Toolsでのミキシング
 
 ハムを削除する
 
 リバーブを加える
 
 「ヒュー」という音を改善する
 
 ミキシング
 
 作業を保存する
 
 オートメーションを聴く
 
◎最後の仕上げ
 
 ムービーをバウンスする
 
 バックアップを保存する
 
≪Part IV:コースの修了≫
 
■概要 コースの修了について
 
 トレーニング・センターを探す
 
 その他の実習プロジェクト
 
 修了試験
 
 修了証書