• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
国家と音楽(音楽書)の画像

品切れ
商品名:
国家と音楽(音楽書)
(伊澤修二がめざした日本近代)
出版社:
春秋社
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
2,700円(税込)
サイズ:
四六
ページ数:
280
著者名:
奥中康人
ISBNコード:
9784393930236
初版日:
2008年3月25日
一口メモ:
「唱歌」の重要性を深く認識していた東京芸術大学音楽学部の創設者伊澤修二。その生涯を通して、当時の為政者側のもくろみを知り、国家形成に果たす音楽の役割を考える。
収載内容
 
第1章 鼓手としての伊澤修二−明治維新とドラムのリズム
 
第2章 岩倉使節団が聴いた西洋音楽−ナショナリズムを誘発する合唱
 
第3章 洋学と洋楽−唱歌による社会形成
 
第4章 国語と音楽−文明の[声」の獲得
 
第5章 徳育思想と唱歌 伊澤修二の近代化構想