• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
増補版・プロを目指せ!with QY100(音楽書)の画像

商品名:
増補版・プロを目指せ!with QY100(音楽書)
(Stylenote Nowbooks7)
出版社:
Stylenote
ジャンル名:
DTM教本
定価:
1,296円(税込)
サイズ:
B6
ページ数:
136
著者名:
目黒真二
ISBNコード:
9784903238227
初版日:
2006年1月1日
再発行日:
2008年11月1日 増補版第1刷発行
収載内容
 
●Part 1 QYを使った練習法と作曲入門
 
■QYからバッキング・リズムを学ぶ
 
 1.リズム感をQYで強化
 
 2.素早くパターンを変えるワザ
 
 3.ギター・パートをじっくり聴こう
 
 4.ワン・パターンに陥らないために
 
【コラム】アレンジ逃げの一手
 
■QYを使ってスケール練習をする
 
 1.煮詰まると、みんなでスケール練習
 
 2.いつものスケールでも
 
 3.こんなのラクショー〜という方は
 
 4.テンションを含んだスケール練習
 
 5.ディミニッシュなんてコワクナイ
 
■QYのSONG 入門
 
 1.いよいよ、SONG でコード進行入力
 
 2.ソングモード
 
 3.何を入力するのかでトラックを決める
 
 4.パターンを先に入力
 
 5.続いてコードを入力
 
 6.1回で終わりじゃ……
 
 7.JOB でコピー
 
【コラム】ギター用エフェクトについて
 
●Part 2 作曲もQYにおまかせ!
 
■コード・テンプレートで曲の母体を作る
 
 1.コード・テンプレートとは?
 
 2.クリシェ???
 
 3.コード・テンプレートを選ぶ
 
 4.プリセット・テンプレートを、
 
■ユーザー・エリアにコピーする
 
 5.まずはイントロ
 
 6.あっ! 間違えた! ど〜しよ〜……
 
 7.MainA、MainB も続けてコピー
 
 8.転調ワザ
 
 9.そしていよいよエンディングだ!
 
【コラム】 「+1YES」「-1NO」ボタンか
 
■「SHIFT +黒いボタン」か?
 
■セクションを使う
 
 1.パターンのセクションを入力する
 
 2.表記上の注意
 
 3.セクションで曲構成を入力
 
■メロディの入力
 
 1.メロディは、どうすんだよ!
 
 2.ステップでメロディを入力する
 
 3.メロディはどこに?
 
 4.画面の説明をしておこうかな
 
 5.分解? 脳? エッ!?
 
 6.画面右の4つのボタン
 
 7.さあ、いよいよ入力だ!
 
 8.ここでチョット確認
 
 9.入力したメロディをコピーする
 
 10.さて、次はサビ(MainB)の入力だ
 
 11.ラクラク! コピー!
 
 12.できたかな?
 
【コラム】リアルタイム入力について
 
【コラム】このパターン、あの曲じゃないの?
 
●Part 3 曲全体の調整(ミックスダウン)
 
■メロディの音色を変更
 
 1.ミキサー画面を開く
 
 2.音色の変更
 
 3.新ワザ! SHIFT +「+1 YES」ボタン
 
【コラム】メモリーに関して
 
■エフェクト処理
 
 1.エフェクトの調整
 
 2.Effect Send
 
 3.DELAY の設定
 
 4.ちょっとしたワザ
 
■バックとメロの音量調整
 
 1.最終音量調整
 
●Part 4 一歩先行くQY活用法
 
■自分でオリジナルパターンを作る方法
 
 1.ユーザーパターンの選択
 
 2.セクションと小説数の設定
 
 3.入力設定
 
 4.入力する音の確認
 
 5.入力開始
 
 6.入力設定
 
 7.試聴してみよう
 
■シンコペーションの入力方法
 
■「OCT DOWN」「OCT UP」ボタンの第三の使い方
 
■データファイラー活用法
 
 1.接続と設定
 
 2.接続確認
 
 3.QYに保存されている全てのデータを
 
■パソコンに転送する
 
 4.バルクデータをQYに戻す
 
 5.QYで作成したSong をコンバートしてパソコンに転送する
 
 6.SMF をQYに送信する