• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
よい演奏をするために(音楽書)の画像

商品名:
よい演奏をするために(音楽書)
(1631/私の演奏体験の中の「演奏の原理」)
出版社:
シンフォニア
ジャンル名:
音楽実技書
定価:
3,240円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
94
著者名:
吉田雅夫
ISBNコード:
9784883951635
(4-88395-163-4)
初版日:
1997年6月1日
収載内容
 
■第1章:演奏学総論
 
演奏と人間の生
 
楽譜と演奏と音楽芸術
 
肉体-精神-魂
 
「自然に起こる」と「操作する」
 
演奏には変化が重要である
 
運動と演奏
 
周期運動と極限状態
 
極限領域と中間領域
 
「相互作用の原理」と「全体性の原理」
 
遊びの余地
 
■第2章:演奏学各論
 
楽しい-速い-上向き高い-明るい
 
昔の五つの基本的特性
 
左のグループと右のグループ
 
昔の運動とテンポ
 
速度記号
 
テンポとリズム
 
「代用性の現像」
 
テンポと音の長短
 
テンポと音の立上り
 
スタッカート・マーク
 
「速い-高い」と「遅い-低い」
 
移行
 
三連音符
 
休止も音楽である
 
下位の拍子と上位の拍子と基本の拍子
 
下位の拍子と上位の拍子と演奏の関係
 
アクセント
 
音の強弱
 
リズム
 
正しいテンポ
 
リズムと方言
 
音の高低と音程とリズム
 
「弦楽器のイントネーション」
 
ヴィブラート
 
色々なアクセント
 
音の高さと強さの結合
 
音の長短とアーティキュレーション
 
レガートとスタッカート
 
音の立上りと音色
 
音の高低と知覚
 
グループの上緒的方向
 
音色と個性
 
演奏のスタイル
 
人間像の個別性
 
演奏のための一覧表
 
あとがき