• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
ピアノ演奏法の基本「美しい音を弾くために大切なこと」(音楽書)の画像

商品名:
ピアノ演奏法の基本「美しい音を弾くために大切なこと」(音楽書)
(143070)
出版社:
音楽之友社
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
1,620円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
80
著者名:
中山靖子
ISBNコード:
9784276143074
初版日:
2009年4月30日
再発行日:
2010/8/31 第3刷発行
一口メモ:
ひとつの音の美しさと正しさに目覚める。クロイツァー、ギーゼキング、テーンベルク…名ピアニストたちの伝統を受け継ぐ著者が次世代に伝える演奏法
収載内容
 
〜第1章 美しい音のために〜
 
■ひとつの美しい音
 
タッチの前
 
タッチの瞬間
 
タッチの後
 
■レガートとスタッカート
 
レガート
 
スタッカート
 
■さまざまな奏法
 
グループ5指運動
 
音階・半音階
 
アルペッジョ
 
分散和音
 
トリル
 
トレモロ
 
重音
 
特殊なレガート
 
跳躍
 
同音連打
 
グリッサンド
 
片手で複声部を弾く場合
 
ペダル
 
〜第2章 正しく演奏するために〜
 
■本質的な事柄について〜
 
読譜
 
感情移入
 
暗譜
 
初見
 
練習方法
 
■ピアノを学ぶということ
 
音楽的基礎教育
 
正しく美しい演奏をするために〜
 
〜第3章 ピアノ演奏法の伝統について〜
 
■私の師事した先生たち
 
高折宮次先生
 
レオニード・クロイツァー先生
 
エリック・テーンベルク先生
 
ヴィンフリード・ヴォルフ先生
 
ワルター・ギーゼキング先生との出会い
 
ギーゼキング先生のレッスン
 
ギーゼキング先生のタッチ、ペダル
 
ギーゼキング先生との別れ
 
ギーゼキング先生の演奏
 
帰国後のこと…伝統と未来