20世紀音楽を分析する(音楽書)
101530

音楽之友社

4,180(税込)

予約商品

2,200円以上で送料無料!

予約商品2024/3/4以降発売予定

音素材、音程、音階、旋法といった音楽理論の基本的概念を基礎として、20世紀音楽全体の音楽を分析的に考察する一冊。

収載内容

  • 原書に収録されている譜例の一覧
  • 本書を読む前に
  • まえがき
  • 謝辞
  • 第1章 基本となる考え
  • 第2章 単純インターヴァル・サイクル
  • 第3章 複合インターヴァル・サイクル
  • 第4.章 転回によるシンメトリーと軸の概念
  • 第5章 旋法
  • 第6章 旋法とインターヴァル・サイクル
  • 第7章 和音構造、音細胞、テトラコルドのサイクル構造
  • 参考文献
  • 監修者あとがき
  • 索引(作品)
  • 索引(人物)
  • 参考資料
  • 用語集
1

原書に収録されている譜例の一覧

2

本書を読む前に

3

まえがき

4

謝辞

5

第1章 基本となる考え

6

第2章 単純インターヴァル・サイクル

7

第3章 複合インターヴァル・サイクル

8

第4.章 転回によるシンメトリーと軸の概念

9

第5章 旋法

10

第6章 旋法とインターヴァル・サイクル

11

第7章 和音構造、音細胞、テトラコルドのサイクル構造

12

参考文献

13

監修者あとがき

14

索引(作品)

15

索引(人物)

16

参考資料

17

用語集

商品詳細
商品説明 20世紀音楽全体の音楽理論からの入門書として、アメリカの音楽大学等でのテキスト使用の実績がある。
バルトーク、ドビュッシー、メシアン、リゲティなどの作曲家の作品の譜例が豊富に掲載されているため、本文で解説されている内容や技法が、どの作品のどの部分にどのような形で用いられているのかを確認しやすい。
また、第2章・第3章で論じられる「インターヴァル・サイクル」から、第4章での「シンメトリー」や「軸」、そして第5章で扱われる「旋法」にいたるまで、様々な角度の概念や技法が紹介されており、20世紀音楽を理解するうえでの入門書として大いに活用できるだろう。さらに、翻訳に際して巻末に「用語集」を追加し、より理解が深まるよう配慮している。
商品番号 F0226417
ジャンル 書籍・辞典
サイズ B5
ページ数 228
著者 パオロ・スサンニ、エリオット・アントコレツ
編著者 監修・訳:久保田慶一 /訳:桃井千津子
ISBNコード 9784276101531

最近チェックした商品